電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 湧別漁協 ヤドカリの爪を有効利用

新聞記事

湧別漁協 ヤドカリの爪を有効利用

2019年11月11日


 湧別漁協の刺網着業者が、サロマ湖で掛かるヤドカリの出荷を試みた。胴体から外した爪だけを生出荷し、1軒2~3キロ、ピーク時の日量は40~50キロに上った。鮮魚類の不漁も相まって、地元飲食業が試行的に買い付け。消費者の評判は上々という。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る