電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > ホタテ玉冷、内販推定1万3000トン

新聞記事

ホタテ玉冷、内販推定1万3000トン

2019年10月28日


 オホーツクや陸奥湾のホタテの水揚げが伸びている今年は、玉冷、ベビーの生産量が大幅に増加した。玉冷生産量は2万1000トンと試算され内販消化で1万3000トンの目標。小型主体に回転ずし店や業務筋で順調に消費されているが、相場は昨年とほぼ同様のため量販店では値ごろ感のあるベビーが席巻。国内消費に期待がかかる今シーズン。今後は大型の玉冷消化やアジア圏の輸出動向が注目される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る