電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 北海道秋サケ、2000万尾前後ペース

新聞記事

北海道秋サケ、2000万尾前後ペース

2019年10月28日


 北海道の秋サケは20日現在の来遊数が1486万尾と1000万尾台半ばにとどまっている。道総研さけます・内水面水産試験場の年齢査定では前期の来遊実績が5年魚(2014年級)、4年魚(15年級)とも漁期前予測の6割と低調。昨年は4年魚が約8割を占め、中期に一定の伸びを見せたが、今季の4年魚は平年並みの予測。漁期中の約8割が水揚げされる時期を過ぎ、一昨年(1737万尾)同様の2000万尾割れも懸念される。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る