電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手秋サケ低迷、久慈8割減

新聞記事

岩手秋サケ低迷、久慈8割減

2019年10月21日


 岩手県の秋サケ漁が厳しい出足のまま、10日までの漁獲尾数は昨年同期の23%となった。序盤の水揚げがまとまる久慈市場は同21%で、要因として高い海水温のほか、3年前の近隣ふ化場の台風被害に伴う放流尾数減少の影響も指摘されている。台風19号の通過で水温が下がり、ようやく水揚げが上向く兆しが見えてきた。今後の盛漁期に向け関係者は巻き返しを願う。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る