電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 豊洲仲卸の倉田商店 開場1年を回顧

新聞記事

豊洲仲卸の倉田商店 開場1年を回顧

2019年10月14日


 11日で開業1周年を迎えた東京・豊洲市場。鮮魚全般を扱う仲卸・有限会社倉田商店の倉田俊之社長はこの1年を振り返り、「築地に比べてアクセスしづらくなったこともあり、買い回りする人の数が減っていると実感。買い場としては築地に比べて盛り上がりに欠けている」と指摘する。ただ「新しくなった機能を生かし、実行に移れた1年でもあった。展望も見えてきた」と語り、新たな収益体制の構築に向けて事業を進めている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る