電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城中部 19人ワカメ着業 不振の春漁補う一手に

新聞記事

宮城中部 19人ワカメ着業 不振の春漁補う一手に

2019年10月14日

葉のボイル塩蔵、めかぶとも高値となった表浜地区の今春のワカメ


 宮城県中部のワカメ養殖で今季、少なくとも19人の漁業者が新規着業する見通しだ。11月上旬から活発化する種苗糸の幹縄への挟み込みに向け、養殖資材の準備や種苗の手配が進む。コウナゴなどの春漁の不振や、後継者のカキ終漁後の営漁安定のため、3、4月に確実な水揚げが見込め、高値が続くワカメとめかぶの魅力が増している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る