電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > オ海西部サケ、低水準も底打ち基調

新聞記事

オ海西部サケ、低水準も底打ち基調

2019年10月07日

4年ぶりの増産となる枝幸漁協の秋サケ選別作業(1日、枝幸港)


 オホーツク・西部地区は全道的には伸び悩む中、昨年まで3年連続の減産基調を脱するペースで推移している。ただ、昨年が3割減の大幅減産で、今年も水準は低く、漁場間で明暗も分かれている。一方、浜値が下方修正され、金額の確保は単価の落ち込みを補う水揚げの伸びに委ねられている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る