電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手カキ、身入り遅れも高値

新聞記事

岩手カキ、身入り遅れも高値

2019年10月07日

大船渡市漁協赤崎支所の殻付き(清水地区)


 岩手県産カキの水揚げが9月末、東京・豊洲など首都圏市場の販売に合わせ活発化した。昨シーズンに比べ、多くの浜で放卵が遅れ気味、進んだ浜でも身入り回復が遅れている。だが、1日の豊洲市場のむき身初売りでは小友産の大サイズ5万~4万5千円(10キロ値)など昨シーズンを上回る浜が相次いだ。殻付きは出荷産地が限られ、赤崎産の受注が好調スタート。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る