電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 量販店の商戦動向

新聞記事

量販店の商戦動向

2019年09月30日

旬商材で訴求を図る秋サケ売り場


 北海道の秋サケ定置は一昨年、昨年に続いて9月漁は低調。温帯低気圧通過後日量ペースが上がり、盛り返しが注目される。一方、浜値はメスが根室海峡でキロ800円台と高値水準ながら、千円台に上昇した昨年に比べ冷静な価格形成。札幌市の量販店では極度に不振のサンマやイカに上向く兆しが見えない中、秋サケが頼みの綱。10月の盛漁、価格安定に期待をつないでいる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る