電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > エフエムピー、ワカメボイル施設改良で省力化実現

新聞記事

エフエムピー、ワカメボイル施設改良で省力化実現

2019年09月30日


 (株)エフエムピー(髙橋博代表取締役・静岡市)が「ワカメ全自動ボイル冷却装置」を改良、コンパクトサイズで処理能力を向上させた。搬入コンベヤーに原藻を載せればボイル槽、第1、第2冷却槽に自動搬送、連続処理。1時間1.5トンペースなら3人でむらなく安定的に仕上げ、省力、省人化効果は大きい。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る