電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 道沿岸秋サケ本格化

新聞記事

道沿岸秋サケ本格化

2019年09月16日

今季も低調な出足となった秋サケの荷揚げ。今週のペースアップに期待がかかる(10日、大樹漁港)


 北海道の秋サケ定置漁は全網が操業を開始し、今週から盛漁期に向かって佳境に入る。増産予想下、序盤は特に太平洋が振るわず、低水準の滑り出し。一昨年、昨年の高値による荷動きの停滞などで親、卵とも製品在庫を抱え、浜値は昨年より下方修正で発進したものの、じり高の展開。今季は消流回復への適正価格の形成が最大の焦点。サンマなど他魚種を併せて水揚げ動向にも商戦の行方がかかっている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る