電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 栄養職員に秋サケ、ホタテ、昆布を働きかけ

新聞記事

栄養職員に秋サケ、ホタテ、昆布を働きかけ

2019年09月16日

この日紹介した献立


 道漁連と板橋区学校栄養士会(東京都)は12日、同区内で働く栄養教諭・学校栄養職員を対象に和食給食の調理実演講習会を区立赤塚第二中学校で実施した。実演には夕張市出身で現在は同区内に「日本料理れんこん屋」を営む料理人・武岡辰夫氏を招き、秋サケ、ホタテ、昆布を使った献立を紹介した。生産地と消費地、さらに料理人が連携し、子どもたちのためのよりよい学校給食を考える機会を共有した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る