電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手ホタテ 南部で稚貝不足

新聞記事

岩手ホタテ 南部で稚貝不足

2019年09月09日

14ミリ径のふるいで選別する宮古地区の稚貝分散作業(3日、日立浜) 


 岩手県のホタテ採苗は、県中央部の宮古、船越両地区などは分散作業が進み必要量を確保できる見込み。これから始まる南部は付着稚貝が小さいこともあって遅れるところが多く、広田地区南浜などは不足が確実視される。付着不足のほか、例年にないほど死滅している浜もあり、昨シーズンと同様に足りない地区が増える可能性がある。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る