電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 石巻市水産加工協 新自動製氷工場が竣工

新聞記事

石巻市水産加工協 新自動製氷工場が竣工

2019年08月12日

船積み塔の復活で巻網船水揚げ増加に期待がかかる


 宮城県の石巻市水産加工業協同組合(臼井泰文組合長・54社)は5日、第二自動製氷工場の竣工式を石巻市魚町の同工場で開催した。旧工場の老朽化による新設で、製氷能力はプレート氷で日産80トンとなり従来の2倍、貯氷は200トン。組合員に氷を届ける時間を短縮し、船積み塔の復活で巻網船への供給を充実させる。自家発電による製氷能力アップとコストダウン、氷搬出の迅速化など、技術面でも先進的な工場だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る