電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 海難防止へ意識高揚/ 救助技術を競う

新聞記事

海難防止へ意識高揚/ 救助技術を競う

2019年07月29日


 公益社団法人北海道海難防止・水難救済センター(西野憲一理事長)主催の北海道小樽地区救難所訓練大会が25日、余市町の余市港で開かれた。同地区(石狩・後志管内)13救難所の所員260人、来賓・関係者など総勢320人が参加。救難技術競技や救助訓練などを通し救助技術向上の重要性を再確認するとともに、海難防止へ意識を高めた。救難技術競技では石狩救難所が総合優秀した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る