電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 田老町漁協の磯焼け対策 コンブ高密度で繁茂

新聞記事

田老町漁協の磯焼け対策 コンブ高密度で繁茂

2019年07月22日


 田老町漁協(小林組合長・岩手県宮古市)の磯焼け対策試験の経過が良好だ。「大アンカー」方式では、2月に促成コンブを付けて張り込んだロープとその下の岩盤に天然コンブが高密度に着生、繁茂した。コンブ群落を再生しアワビの餌にする狙いで、3手法でチャレンジ。10月ごろに検証して最も効果の高い手法を選定し、来年度に7カ所の地先に広げ実証試験する計画だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る