電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 塩釜の蜂屋食品 ホヤ可能性無限大

新聞記事

塩釜の蜂屋食品 ホヤ可能性無限大

2019年07月22日

ホヤのうま味を堪能できる「三陸ほや餃子」


 ギョーザ製造販売の蜂屋食品株式会社(宮城県塩釜市、蜂屋和彦社長)は「三陸ほや餃子(ぎょうざ)」を3年ぶりに復活させた。韓国の禁輸で消費が伸びず、苦境の三陸産ホヤをふんだんに使用。新鮮なホヤのうま味が詰まった新感覚のギョーザだ。蜂屋社長は「栄養や調理法などホヤの可能性は無限大。消費拡大の一翼を担えれば」と期待を寄せる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る