電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手産コンブ初入札、在庫払底し高値

新聞記事

岩手産コンブ初入札、在庫払底し高値

2019年07月15日

入札前にコンブの出来栄えを確かめる買受人(県漁連北部支所)


 岩手県の養殖素干しコンブが高値でスタートした。宮古市の県漁連北部支所で9日に初入札が行われ、黒長切1万6590円など大半が1万6000円台で落札。昨年初回を14~25%上回った。品質の良さに加え、北海道産コンブの減産傾向に伴う在庫不足が価格上昇に拍車を掛けたとみられる。上場は重茂、田老町両漁協の計6228箱(1箱10キロ)。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る