電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 岩内、スルメイカ外来船集まる

新聞記事

岩内、スルメイカ外来船集まる

2019年07月08日

船間差がある漁模様のスルメイカ(3日、岩内港)


 岩内郡漁協のスルメイカ釣漁は、6月末から7月頭にかけて外来船が集結し全体の日量も増加した。ただ船間差のある漁模様。岩内郡漁協所属・第五十八清寿丸で操業する西澤英美理事は「群れは広範囲だが厚くはない。良い場所は一角だけ」と話す。サイズは30尾入れが主体。「まだ小さいが徐々に大きくなっている」と実感する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る