電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城県漁協総代会 事業赤字も剰余金1.7億円

新聞記事

宮城県漁協総代会 事業赤字も剰余金1.7億円

2019年07月08日


 宮城県漁協は6月28日、通常総代会を石巻市で開催した。昨年度は事業利益が赤字に転じたが1億7000万円の剰余金を計上したと報告。本年度は引き続き販売力強化に力を入れるとともに、種苗生産体制への取り組みやASC認証の積極的な取得などを計画。丹野一雄会長はあいさつで、経営管理委員会制度から理事会制度への移行に触れた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る