電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 北海道秋サケ来遊数33%増予想、回復軌道に期待

新聞記事

北海道秋サケ来遊数33%増予想、回復軌道に期待

2019年07月01日


 道総研さけます・内水面水産試験場は6月24日に札幌市で開かれた道連合海区で今年の北海道の秋サケ来遊予測を説明、平成以降で2番目に少なかった昨年実績比32.5%増の3070万4千尾(沿岸漁獲数と河川捕獲数の合計)と示した。予測通りの場合、依然低水準ながら4年ぶりの3000万尾台となり、回復軌道入りが期待される。漁獲量は重量ベースで8~9万トンが見込まれるが、昨年は極度に小型だった魚体サイズも焦点となる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る