電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 噴火湾加工貝来季見込み約4万トン

新聞記事

噴火湾加工貝来季見込み約4万トン

2019年07月01日

6月で作業を終えた耳づりの貝


 加工貝(2年貝)の水揚げが落ち込んだ噴火湾では、来季出荷用の耳づり作業が終わり、施設に垂下したロープの割合は各単協とも6~7割とみられる。年度当初に設定した2019年度計画量は、いぶり噴火湾、落部、森が7000~8000トン、長万部も同規模を想定。順調に成長した場合は7単協(いぶり噴火湾、長万部、八雲町、落部、森、砂原、鹿部)合わせ前年度実績の約2倍、一昨年度の6割強に当たる4万トン前後の水揚げが予測できる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る