電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 網走漁協ホタテ稚貝放流 東京農大生がバックアップ

新聞記事

網走漁協ホタテ稚貝放流 東京農大生がバックアップ

2019年06月24日

自動ほろい機を使用した作業状況


 人手不足や高齢化が進む近年の漁業現場。外国人技能実習生の受け入れや機械化で活路を見いだす漁家が増える中、網走漁協では東京農業大オホーツクキャンパス(網走市)に通う学生が大きな役割を担っている。一大イベントとも言えるホタテの稚貝放流には1日約850人のアルバイトがバックアップ。毎年8日間の短期間で終わらせる出荷作業に欠かせない存在となった。地域性を生かした人材確保に加え、作業の省力化も強化し課題克服に努めている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る