電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 道ほたて振興協総会、へい死解明へ研究強化

新聞記事

道ほたて振興協総会、へい死解明へ研究強化

2019年06月17日


 道ほたて漁業振興協会は本年度、大量へい死した噴火湾地区に加え、新たに日本海地区のザラボヤ・へい死解明に向けた調査研究を強化。国内の生産・加工向け対策では製品の出荷遅れへの対応策としてリパック製品の拡充を図る。 
 13日の通常総会で本年度事業計画を決定。流通対策事業費は昨年度と同じ1億円を計上した。任期満了に伴う役員改選では髙桑康文会長はじめ全役員を再任。髙桑会長は「全体の水揚げは回復傾向にあるが生産・加工・流通面での課題が山積している」と述べ、難局を乗り越えるよう協力を求めた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る