電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城県漁協七ケ浜支所魚活ボックスで高密度活魚輸送

新聞記事

宮城県漁協七ケ浜支所魚活ボックスで高密度活魚輸送

2019年06月17日

魚活ボックスへの収容(13日、花渕浜漁港)


 宮城県漁協七ケ浜支所(寺沢春彦運営委員長・七ケ浜町)は13日、活魚輸送のコスト削減を狙い、高密度で収容できる「魚活ボックス」でマコガレイなどの東京・豊洲市場への出荷を試みた。 搭載するバッテリーと酸素ボンベでエアレーションしながら輸送する実証試験で着荷状態が良く死滅もなかったことから、このコンテナユニットの導入に向け輸送手段も含め検討していく。 

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る