電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 大震災後減った魚、増えた魚 東北区水研が成果報告会

新聞記事

大震災後減った魚、増えた魚 東北区水研が成果報告会

2014年02月17日

年明けから大漁、好漁が続いた三陸のマダラは、やはり資源が増えていた

 東日本大震災以降、東北太平洋の魚類資源でマダラとヒラメが増え、イカナゴとズワイガニが減った-。こんな発表が8日、仙台市で行われた東北区水産研究所の研究成果報告会であった。漁船の操業、漁獲が大きく減少したことで魚類間の関係に変化が生じ、大型魚が増え、それに捕食され小型魚が減ったと考えられた。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る