電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 公海サンマ初荷揚げ

新聞記事

公海サンマ初荷揚げ

2019年06月03日

鮮魚出荷のサンマ。組成は小ぶり


 今年から本格化した公海操業で漁獲されたサンマが5月28日に根室・花咲港で初めて荷揚げされた。操業船はシケに加え、群れが薄く、苦戦を余儀なくされ、出荷量は鮮魚3トン、冷凍5.3トンの計約8.3トンと低調。組成も平均100グラム程度と小ぶりで、採算性は厳しい滑り出しとなった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る