電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 総菜メーカーのヤマザキ、福島町加工施設の乾燥環境を改善

新聞記事

総菜メーカーのヤマザキ、福島町加工施設の乾燥環境を改善

2019年05月20日

乾燥環境を改善した昆布一次加工施設


 総菜メーカー、(株)ヤマザキ(静岡県、山崎朝彦社長)のグループ会社、(株)北海シーウィードが業務を担う道南・福島町の昆布一次加工施設が稼働2年目を迎えている。今年はファンや除湿器を導入したほか、風の循環を効率化し乾燥環境を改善。昨年実績の約3倍となる500トン(生)の加工を目標に掲げる。(株)ヤマザキの杉本正美専務は「漁業者の協力のおかげで成り立つ事業。今後も課題を一つ一つクリアし作業効率化を図っていきたい」と話す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る