電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 玉冷消流 今季も輸出主導の様相

新聞記事

玉冷消流 今季も輸出主導の様相

2014年02月17日

 ことしの玉冷製品は、昨年同様に米国向け中心の輸出主導となる見通しで、内販との均衡が課題となりそうだ。価格高騰で国内消費は鈍っており、本年度の内販は前年度比1割減となる1万3000トン台の見込み。量販店の水産バイヤーは「ことしの商戦も厳しくなる」と警戒している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る