電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > オホーツク活魚(枝幸) パーシャル窒素氷を活用

新聞記事

オホーツク活魚(枝幸) パーシャル窒素氷を活用

2016年04月11日

 枝幸町の株式会社オホーツク活魚(藤本隆治社長、電話0163・62・4553)は、マイナス1~3度のフレーク窒素氷で鮮度保持力を高め、サケ、ブリなど前浜産の販売拡大に乗り出す。併せて皮・骨・うろこ取りなど加工度も重視。末端の使い勝手を向上させ、特に北海道外の遠隔地での需要先獲得を目指していく。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る