電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 岐阜県のスーパー 昆布売り上げ倍増

新聞記事

岐阜県のスーパー 昆布売り上げ倍増

2015年06月08日

大きなPOPや商品説明文が張られ、にぎやかな昆布売場

 【岐阜=鈴木亮平】高山・飛騨両市にスーパー4店舗を構える株式会社駿河屋魚一(溝際清太郎社長)。高山駅裏にある駿河屋アスモ店の昆布製品売り場は、商品紹介の大きなPOPが目を引き、陳列棚には手書きの説明文や調理法が添えられている。田口益男副店長が専門相談員(コンシェルジュ)的役割を担い、積極的に声を掛けて商品提案する。専門家のアドバイスを基に、販売工夫に着手して約8年。一般的に昆布消費が鈍いといわれる中で、売り上げを当初の倍近くに伸ばした。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る