電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 「鱈の里」脇野沢 マダラ21年ぶり好調

新聞記事

「鱈の里」脇野沢 マダラ21年ぶり好調

2015年02月09日

期待を超える好漁となった脇野沢のマダラ

 青森県下北半島の西南、脇野沢村漁協のマダラ底建網が21年ぶりの好漁で終盤を迎えている。1月末までに192トン、8900万円を水揚げ、すでに昨季実績(44トン、2600万円)の数量4.4倍、金額3.5倍。陸奥湾での4年前の稚魚発生から期待され、それを超えるような水揚げに活気づいている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る