電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 資源回復に光 道昆振・北大など技術開発

新聞記事

資源回復に光 道昆振・北大など技術開発

2014年11月10日

セルロースを混ぜた胞子の散布(厚岸沖)

 コンブは北海道が誇る水産物の一つで、ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」を支える重要食材だ。ただ、道内生産は減少傾向で、平成19年以降2万トンを割り、昨年は過去最低の1万4000トン台まで落ち込んだ。加えて、だし系を中心に消費も鈍い。本特集では安定生産や消費拡大に向けた産・消費地各団体の主な取り組みを紹介する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る