電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 廃材パイプでコンブ着生に成功

新聞記事

廃材パイプでコンブ着生に成功

2022年08月01日

コンブの着生部分


 「前浜で進行している磯焼けに歯止めを掛けたい」……その強い思いから、森漁協元監事の山下良慈さん(66)は、天然マコンブが付着していた廃材パイプを改良し着生・生育実験を試みた結果、大きな成果を得た。「胞子が付着し生育することが確認でき、良好な場所では引き揚げられないほど伸びていた」と山下さん。この取り組みに協力していた株式会社森機械製作所(森光典社長)は、共同発案者として特許を申請。磯焼け対策に手応えを得ており、今秋から道内各地で試験導入する計画だ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る