電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手コンブ実入り向上に期待

新聞記事

岩手コンブ実入り向上に期待

2022年07月18日


 岩手県産養殖素干しコンブの初入札会が8日、宮古市の県漁連北部支所で開かれた。前年同期比19%減の41トンが出荷され、主力の黒長切はほぼ前年並みの十キロ1万3千円台で取引された。
 漁協別出荷量は重茂36トン、田老町5トン。同支所によると、春先のシケ被害などもなく、生産はおおむね順調という。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る