電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > オ海6月末9万7000トン強

新聞記事

オ海6月末9万7000トン強

2022年07月11日


 オホーツク海沿岸の6月末水揚量は、漁場造成を含め前年同期比17%減9万7千トン強となった。計画達成率は34%。宗谷、猿払村、紋別、常呂が1万トン超え。猿払村は日産440トン、宗谷、枝幸、常呂は日産300トン台中盤。歩留まりは12%前後、一部13%以上と上昇傾向。組成は3S中心だが南部の一部は5S中心。浜値は大半がキロ200円以上となった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る