電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 秋サケ昨年産の消化順調

新聞記事

秋サケ昨年産の消化順調

2022年07月11日


 秋サケの消流動向は、北海道の水揚げが3年連続の5万トン割れ、三陸も大減産で、親製品、魚卵製品とも昨年産の供給量が低水準。加えて競合する輸入物が高値で推移し、比較的順調に消化が進んでいる。ただ、売り場の縮小、産地の物流・背面処理能力の低下などで突発・集中水揚げ時に相場が下落に転じる状況が顕在化。今期も原魚処理体制の再構築と需要先の堅持・拡充が不可欠となる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る