電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 天然アサリ保護に力-宮城県漁協石巻支所-

新聞記事

天然アサリ保護に力-宮城県漁協石巻支所-

2022年07月11日


 宮城県漁協石巻湾支所(髙橋文生運営委員長)は、管内で獲れる天然アサリ資源の保護、増大を目指している。東日本大震災で被災し、新たに造成された石巻市の万石浦の干潟で5年前から漁を再開。漁期や漁獲上限、採取サイズを定め、今季は10トンを水揚げした。環境の変化を逆手に取った干潟拡大計画が進行中。水揚量を増やし、ブランド力強化につなげる。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る