電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 弁釜、旭川新工場稼働で省エネ・CO2削減促進

新聞記事

弁釜、旭川新工場稼働で省エネ・CO2削減促進

2022年06月27日

先進設備を取り入れた弁釜旭川工場


 米飯・総菜製造の道内大手・株式会社弁釜(札幌市、山口彰久社長)の旭川新工場(電話0166・36・4622)が21日に稼働を開始した。コンビニエンスストア「セブン─イレブン」向けの既存商品(米飯・調理パン・総菜・軽食)の充実に加え、調理麺の製造体制を整備。共配センター併設による物流効率の向上と併せ、安全・安心、省エネ、CO2削減といったCSR(企業の社会的責任)の実践、環境に配慮した生産活動を推進していく先進システムを導入した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る