電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 宮城乾のり天候不順響き大減産

新聞記事

宮城乾のり天候不順響き大減産

2022年06月20日


 2021年度の宮城県産乾のりは記録的な減産となった。県漁協によると、共販実績は数量が前年度比30%減の2億6240万枚。シーズンを通して天候不順が続いたことが大きく響いた。金額は同24%減の26億3303万円で、1枚当たりの平均単価は同8%高の10円03銭と、2季ぶりに10円台を回復した。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る