電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 処理水放出撤回を-宮城で説明会

新聞記事

処理水放出撤回を-宮城で説明会

2022年06月20日


 「賠償なんていらない。とにかく流さないでほしい」―。宮城県漁協の組合員を対象に開かれた、東京電力福島第一原発の処理水を海へ放出する政府方針を巡る説明会。原発事故後、信頼回復のため懸命に努力を重ねてきた漁業者は方針の撤回を強く訴えた。放出となれば「沿岸漁業への影響は計り知れない」などと憤りの声も上がった。国や東電の担当者が安全性や風評対策を説明したが、放出を容認する意見は全く出なかった。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る