電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > オ海南部本操業順次スタート

新聞記事

オ海南部本操業順次スタート

2022年06月13日


オホーツク海南部8単協(雄武・沙留・紋別・湧別・佐呂間・常呂・網走・西網走漁協)の本操業は、5月中旬に始まった網走を皮切りに6月から順次開始した。常呂が日産260~270トン、雄武、湧別は190トン、沙留は150トン前後の水揚げ。歩留まりは11%程度と上昇傾向にあり、アソートにも期待がかかる。浜値は漁場造成からキロ200円前後と堅調。今年も好漁に向け順調なスタートを切った。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る