電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 盃漁協カブト地区サクラマス海面養殖295尾水揚げ

新聞記事

盃漁協カブト地区サクラマス海面養殖295尾水揚げ

2022年06月06日


 後志管内泊村と古宇郡漁協が取り組む盃漁港カブト地区での海面養殖試験で1日、サクラマス295尾が初水揚げされた。村によると、生残率は約9割と高かった。13日には、別のいけすで養殖しているトラウトサーモン(ニジマス)も水揚げする見通し。昨年11月にいけす2基を設置、サラクマス約300尾、トラウトサーモン約600尾の幼魚を投入。漁業者約20人で魚類養殖部会を設立、給餌などを手掛ける。来年水揚げ分まで、村の補助事業で養殖する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る