電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 噴火湾加工貝水揚げ最終盤

新聞記事

噴火湾加工貝水揚げ最終盤

2022年05月23日


 噴火湾7単協(長万部・八雲町・落部・森・砂原・鹿部・いぶり噴火湾漁協)で水揚げした今季の加工貝は、終盤となった5月中旬時点で前年同期比18%増の5万5660トンとなった。砂原を除く6単協が増産し、長万部、落部の2単協は1万2千トン台と1万トンの大台を超えている。中国向け冷凍両貝需要が強く、浜値はキロ300円台後半まで上昇。高値は400円台を付ける場面も見られた。長万部は7月ごろまで続く見通し。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る