電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 福島吉岡漁協、やわらか昆布生産

新聞記事

福島吉岡漁協、やわらか昆布生産

2022年05月16日


 福島吉岡漁協のコンブ養殖業者13軒がつくる「やわらか昆布」の生産が終盤を迎えている。春の薄く軟らかい促成の間引きコンブを乾燥させたもの。今季は乾燥機に使う燃料価格が高く、湊勝廣福島地区昆布生産部会長は「なるべく天日で乾かすように対応している」と話す。
 煮物やおでん、炒め物などにお薦めのやわらか昆布。今季は3月中旬に生産を開始した。
 水揚げした間引きコンブを天日干しした後、乾燥機に入れて仕上げる。湊部会長によると天日干しでは風や日照などその日の天候状況によって乾燥時間を調整、日差しで色が変わらないよう留意する。乾燥機では温度を40~45度に設定し扇風機で風を循環、天日での乾き方に応じて2~3時間乾燥させる。その後規定の長さに裁断・選別。不純物なども取り除き良品出荷に注力する。
 湊部会長は「今季は株に付く本数が多く生産数量は多くなりそう」と見込むとともに「色目など品質的にも上々」と自信を持つ。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る