電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > 「かじから」普及に力

新聞記事

「かじから」普及に力

2022年04月25日

一口大に加工した切り身


 地元産水産物の関心を高めようと、ユーチューブなどでPRに励む新星マリン漁協の指導漁業士・佐賀友三さんは、春先にかけて値崩れするカジカの消費拡大を目指し新たな取り組みを始めた。頭と内臓を落とした胴体を、自ら留萌市内のスーパーに搬入し、同店がから揚げ用の切り身に加工して販売。数時間で売り切れる人気商品となっている。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る