電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > むき身真ツブ高歩留まり評価、使い勝手も良く

新聞記事

むき身真ツブ高歩留まり評価、使い勝手も良く

2022年04月25日

万能商材として評価が高いむき身の真ツブ


 東京・豊洲市場でむき身の真ツブは量販、小売、飲食と幅広い用途で扱われている。通しや刺身の盛り合わせなどに適し、殻付きより歩留まりが高いことも評価されている。流通量は少ないため仕入れる仲卸業者は少数だが、顧客から好評のため、荷受担当者に「入荷次第、『うちに販売してほしい』と要望を出す仲卸業者もいる」という。入荷は白糠町・株式会社藤山水産加工の「とれたてくん」のみ。定番商材として仕入れている仲卸業者は「通常の真ツブは殻の分の目方がキロ単価に含まれている。むき身なら殻がないぶん歩留まりが高いのが魅力」と話す。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る