電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 東北北陸 > 岩手秋サケ3年連続最低で終漁へ

新聞記事

岩手秋サケ3年連続最低で終漁へ

2022年02月21日


 今年度の岩手県の秋サケ漁がほぼ終了した。県によると、河川捕獲などを含めた10日現在の回帰量は前年同期比76%減の413トン。3年連続で過去最低を更新することが確実となった。ふ化場の採卵数も大きく落ち込む中、海洋環境の変化に即した放流時期の見直しなど回帰率向上に向けた取り組みが急ピッチで進む。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る