電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 全国 > 24年度完全経営自立へ━共同船舶━

新聞記事

24年度完全経営自立へ━共同船舶━

2022年01月31日


 母船式捕鯨の共同船舶株式会社(所英樹社長)は2024年度末までに新母船の償却(5億円以上)を負担した上で黒字化し、経営の完全自立を目指す。クジラの部位ごとに販促を練り、新しい規格や料理レシピを研究している。鯨肉の販売業者や加工業者がより扱いやすくするため、卸価格の抑制や加工度の向上に注力する。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る