電子版 電子版サンプル

HOME > 特集 > 北海道 > オ海ホタテ22年計画前年実績比13%減28万9600トン

新聞記事

オ海ホタテ22年計画前年実績比13%減28万9600トン

2022年01月24日

昨年のホタテ荷揚げ作業(湧別漁港)


 オホーツク海沿岸の2022年水揚げ計画は北部、南部合わせた12単協で前年実績比13%減の28万9600トンとなった。前年計画よりも5100トン減とやや下方想定。前年実績より多く設定したのは頓別、枝幸の2単協。前年計画を上回ったのは猿払村、頓別、佐呂間、常呂の4単協で、大半が昨年当初並みの計画量を設定している。

購読
アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード

このページのTOPへ戻る